お風呂

広沢寺温泉

 東丹沢の名湯として昭和の初め小田急線開通と共に誕生した当源泉は、当館敷地内、大沢川添いの地下100mから
湧き出る24℃の強アルカリ天然水100%の沸かし湯です。お湯の特徴PH10.3の強アルカリ源泉で、水晶透明で滑
らかな肌ざわりは美人の湯と言われ、子宝の湯としても神泉と讃えられ、疲労回復、ストレス解消、美容にと日頃の
お疲れを森林浴でリフレッシュして戴けたらと思います。

露天風呂 

男湯  (不動の湯)

○○の湯イメージ

渓流の瀬音、湯に移りこむ木々、若葉や紅葉、小鳥のさえずりが耳にやさしく入り込んできます。
丹沢大山国定公園内に位置するこのロケーションを考慮し、浴槽は丹沢の渓流をイメージして造られました。
浴槽の横には、梅の古木があり、早春には、梅の香りをお楽しみ頂けます。  


女湯  (弁天の湯)

 この浴槽は樹齢二千年の古代檜に漆を幾重にも丹念に塗り重ねて仕上げたものです。
漆の耐久性や医薬性には目を見張るものがあり、特にその成分は血行促進、胃酸過多、切り傷
通経、鎮咳その他数多くの効果があります。また古代檜との相性も良く、美しい木目と艶が引き
立てあって豪華であり、時と共に深紅のルビー色へと変化してゆきます。  


内風呂

○○の湯イメージ

男湯 昭和初期に造られたこの浴槽は ほとんど当時のままのスタイルです。
木製でもなく石材でもない独特の雰囲気を持つモザイクタイルからは、
どこかレトロな感じを楽しむことが出来ます。どうぞつかのまの昭和の時代を
身近に感じてみてはいかがでしょうか。

女湯  蛇紋石、鉄平石張りでめぐらされた石室風の岩石風呂は重みがあり、
心落ち着いてゆっくりと湯につかって、心 身共に癒していただきたいと思います。